MENU

クレジットカードの契約の手続きについて

クレジットカード,契約,審査

クレジットカードは、今では私達の生活の中で身近な存在になっており、ほとんどの人が所有しています。

 

中には一人で複数枚のクレジットカードを所有している人もいますし、学生や、主婦でも使っている人は珍しくありません。

 

クレジットカードは、まとまった金額の商品を買う時だけでなく、ちょっとした買い物や、公共料金の引き落としにも用いられるようになっています。

 

お金を持ち歩かずともいいことが、クレジットカードを使う時の大きな利点といえます。

 

ポイント特典が付帯しているクレジットカードを使えば、買い物をするたびにポイントがたまり、景品や、カタログ商品と交換可能です。

 

申し込み手続きの方法

パソコンや、スマートフォンから、クレジットカードの申し込み手続きができるようになっています。

 

準備するもの

必要書類や、申し込み時に書かなければいけない情報がいくつかあるので、あらかじめ準備をしてから申し込みをするといいでしょう。

 

クレジットカードの申し込みでは、本人が確認できる書類の写しは必須です。
パスポートや、運転免許証が必要になります。
この時、本人確認書類の住所と、今の住所が異なっているなら、住民票など現住所がわかるものを一緒に出すことになります。

 

審査

申し込み内容に問題がなければ、審査が行われます。
申し込み者の返済能力を確認し、クレジットカードを発行可能かをチェックします。
月々の収入がない人や、収入額が不安定な人の場合は、クレジットカードを使った後の返済能力に不安ありと判断されます。

 

審査が終わり、必要な契約手続きが終われば、クレジットカードが郵送され、使えるようになります。


クレジットカードの契約を申し込む方法

クレジットカードを持つためには、クレジットカード会社と契約を結ぶことが必要になります。
クレジットカード会社に申し込み手続きを行い、所定の申し込み書類を提出した後、審査が行われ、それから契約という段取りです。

 

クレジットカードの契約方法

様々なクレジットカードが流通するようになったことで、クレジットカードの契約方法は多様化しています。

 

  • スーパーやデパートで

スーパーや、デパートでは、クレジットカードの申し込み用のブースがよく見られますが、これは流通系のクレジットカードの特徴です。
お店の中にクレジットカード申し込み用の専用窓口があり、そこでクレジットカードの契約が可能になっているわけです。

 

  • 信販系の金融会社で

クレジットカードの中でも信販系の金融会社なら、店に足を運び、店頭窓口でクレジットカードの契約をします。
また物品を購入した時に一緒にクレジットカードの申し込みができる場合もあります。
銀行が扱っているクレジットカードは、口座を開く時にクレジットカードも発行してもらうことが可能です。

 

  • 自宅で

最近は、ネットに申し込み用のページが用意されていて、自宅にいながらクレジットカードの契約も可能です。
この頃は、パソコンや、スマートフォンを活用して、クレジットカードの申し込みを行い、必要な手続きを済ませられるようになりました。

 

申し込んだ日のうちにクレジットカードの発行が可能な会社もありますし、本人証明用の書類はFAX送信や、スマフォのカメラ機能で撮影した画像でもOKというところもあります。

 

もしも、できるだけ早くクレジットカードの契約をしたいなら、インターネットを活用してください。

クレジットカード契約の審査に通るためには

クレジットカード会社では、契約希望者に返済の能力があるかを確認するために一定の審査を行います。
申込み時の審査に通ることができなければ、クレジットカードを所有することが出来ないのは言うまでもありません。

 

金融会社は信用情報会社と契約を交わしており、返済中のローンが多い人や、返済を滞らせたことがある人かをまず確認します。
審査で落とされたという情報も半年は記録されますので、立て続けに新しいクレジットカード会社に申し込みをしても無駄です。

 

申し込む以上は、審査をクリアし、クレジットカードを発行してもらいたいものですが、そのためにはどうすればいいでしょう。

審査を通過するには

クレジットカードをつくる時に大事なことは、まずどの金融会社のカードするか決めることです。
新規契約時の特典を目当てにして、何度も申し込みと解約を繰り返していると、いずれ受け付けてもらえなくなります。

 

またクレジットカードを多数保有している場合には、新規の発行を断られるケースもあるようです。
存在を忘れていたようなクレジットカードがあれば、一度解約して、使っているカードのみにするといいでしょう。

 

申し込み内容に虚偽や書き間違いがあると、審査で断られてしまうことがあります。
ネットなら文字の汚さも目立ちません。

 

審査に落ちた理由が、ケアレスミスによる書類作成の不備だったら、がっくりきてしまいます。
クレジットカード発行時の審査は、毎月一定の収入があるかや、家族や住居はあるかどうかということなどです。

[クレジットカードの契約の申し込み方]関連情報

このページの先頭へ